永久脱毛したら本当に二度と毛は生えてこなくなるの?

永久脱毛したら本当に二度と毛は生えてこなくなるの?

美容クリニックなどで行われているのが医療脱毛です。

 

レーザー脱毛とニードル脱毛のことを指しているのですが、永久脱毛ができることも知られていますよね。

 

こちらではその永久脱毛をするとどうなるのか、といったことについてお話します。

 

二度と毛が生えてこなくなる、といったことはあるのでしょうか。

 

 

■永久脱毛は二度と毛が生えてこなくなるのか?

 

・生えてくることもある

 

永久脱毛といったネーミングはついていますが、完璧な効果が得られるわけではありません。

 

施術を受けたとしても、再び生えてきてしまうことは十分に考えられるのです。

 

 

・永久脱毛の定義とは?

 

米国電気脱毛協会による定義が示されているので紹介します。

 

「脱毛の施術後1ヶ月に毛の再成立が20%以下であること」、これが永久脱毛の定義なのです。

 

要は、脱毛の処置をして、1ヶ月で80%以上の毛が生えてこなければ永久脱毛、といえることを示しています。

 

高い効果が確約されているのですが、完璧な効果を定義しているわけではありません。

 

そもそも、1ヶ月以内に生えてこなかったとしても、さらに時間が経ってから生えてくる、といったことも十分に考えられるのです。

 

ですから、80%以上といったことで永久脱毛になるのですが、最終的には80%以下の毛にしか完全脱毛ができなかった、といったケースもあります。

 

 

■永久脱毛が100%の効果を与えられない理由

 

・毛にはサイクルがあるから

 

どんな毛であったとしても一定のサイクルがあります。

 

成長期や退行期、そして休止期があります。

 

毛は一生生え続けているわけではありませんよね。

 

一定の間隔で抜けているのです。

 

その抜けている毛穴に永久脱毛の施術をしても効果を与えられません。

 

ですから、生えていない場合には、再び生えてきてしまうのです。

 

特にレーザー脱毛に関しては、その部位全体的にレーザーを照射したとしても、またパラパラと生えてきてしまいます。

 

その原因はサイクルにあったのです。

 

 

・完全に脱毛するためにはどうしたらいいのか?

 

一定間隔を開けて何度か施術を受けることが大事です。

 

すべての毛の成長期に合わせて施術を実施するのです。

 

1回では絶対に不可能なので、3回や4回程度、完璧にしたいなら6回程度繰り返し施術を受けるべきです。

 

施術間隔としては2ヶ月から3ヶ月に1回ペースがおすすめです。

 

あまり間隔を詰めすぎてしまうと、同じサイクルのままで施術することになってしまうので、ほとんど効果が得られないかもしれません。