妊娠中の脱毛はやめるべき?胎児に影響はありますか?

妊娠中の脱毛はやめるべき?胎児に影響はありますか?

光脱毛は毛根まで届くような特殊な光を利用しています。

 

そういったことから、妊娠中の脱毛は危険なのではないか、といったことを気にしている方もいるのです。

 

こちらではエステ脱毛の行っている光脱毛型維持にどんな影響をあたえるのか、といったことをお話します。

 

妊娠中だけど脱毛の施術を受けたい、と思っている方は必見です。

 

 

■妊娠中の脱毛が胎児に影響をあたえることはない、と考えられている

 

・光は皮下までは届かない

 

光脱毛の光は、基本的に皮膚にある毛根に到達するくらいの能力しかありません。

 

内蔵まで影響を与えてしまうことはない、と考えられているのです。

 

仮に妊娠していたとしても、赤ちゃんに対して悪い影響を与えてしまう、といったことはないとされています。

 

 

■妊娠中に脱毛は受けられるの?

 

・全身脱毛は基本的に不可

 

安全性はあるとされているのですが、妊娠中の施術に関しては断っている脱毛エステ店が多くなっています。

 

もちろん、断るには大きな理由があります。

 

 

・脱毛エステ店が妊娠している方をお断りする理由

 

ホルモンバランスの乱れが、お肌に影響を与えてしまうからです。

 

妊娠中は、普段のホルモンバランスとは大きく異なっています。

 

女性ホルモンが急激に増えて髪の毛が抜けなくなる、といった症状が生まれてしまうほどです。

 

※女性ホルモンには、髪の成長期間を引き延ばす、といった作用があります。

 

 

ホルモンバランスの乱れは、特にお肌に大きな影響を与えてしまうことが分かっています。

 

普段の状況であれば、お肌に何も問題をおこさない光脱毛ですが、妊娠している時には炎症を起こしてしまう可能性も捨て切れません。

 

安全を考えて、脱毛エステ店は断るケースが多いのです。

 

もちろん、胎児に何かしらの影響があるから、といった理由で断っているのではありませんよ。

 

 

■出産後は脱毛の施術は受けられるの?

 

・授乳が終われば脱毛ができるようになる

 

出産直後もホルモンバランスが乱れてしまうので、基本的に施術してもらえません。

 

妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されています。

 

一方で、出産後はその女性ホルモンが不要になるので一気に減ってしまうのです。

 

ホルモンバランスが崩れるので、お肌が傷つきやすくなってしまいます。

 

脱毛を問題なく受けられるようになるのは、授乳が終わった頃です。

 

ホルモンバランスも落ち着いてきて、お肌の状態も安定しているので脱毛エステ店もOKとしているのです。