毛抜き脱毛はダメ!オススメできない理由と気を付けたいこと

毛抜き脱毛はダメ!オススメできない理由と気を付けたいこと

脱毛をする時ですが、自己処理方法として根強い人気を誇っているのが毛抜きを使ったりピンセットを使ったりするものです。

 

なぜ支持されているのかといえば、除毛効果が非常に高いからです。

 

根本から引きぬくことになるので、しばらくお肌の上に毛がない状態を維持できるわけですよね。

 

しかし、毛抜き脱毛はお勧めできません。

 

こちらでは、なぜ毛を抜く、といった行為がダメなのかをお教えします。

 

いままで毛抜き脱毛をしていた方は必見です。

 

 

■埋没毛が出来てしまう可能性あり!

 

・毛が皮膚の中に生えてしまう

 

毛抜きを利用した脱毛を実施してしまうと、毛穴周辺の皮膚を痛めてしまうことになります。

 

その修復を皮膚は一生懸命になって行ってしまうのです。

 

その結果、毛穴があった部分が皮膚によって覆われてしまう、といった状態になってしまいます。

 

毛が皮膚の上に出てくることができなくなってしまい、皮膚の中にあるような状態になってしまいます。

 

埋没毛の問題ですが、皮膚が黒くなって目立ってしまう、といったことがあります。

 

そして処理できなくなってしまう、といった問題点もあります。

 

埋没毛をどうにかしようと皮膚を傷めつけてしまう方も少なくありません。

 

そうすると炎症の原因にもなりかねないので、注意しなければならないのです。

 

 

■毛穴がぶつぶつになって目立ってしまう

 

・毛穴が引っ張られることでブツブツしてしまう

 

毛抜きで強引に毛を引きぬくことになるので、毛穴が隆起をしてしまうのです。

 

その結果、お肌がブツブツしているような印象になってしまいます。

 

特に太い毛を引き抜く場合には毛穴に異常が発生しやすいので注意してください。

 

ワキの下やビキニラインを毛抜きで脱毛していると、毛穴に問題が生じやすいのです。

 

 

■黒ずみができてしまうかも?

 

・炎症が色素沈着してしまう可能性あり

 

毛抜きを使った脱毛を長期的に実施していると、一定の刺激が定期的にお肌に与えられ続けることになってしまいます。

 

常時赤みが発生しているような状態になってしまうケースも少なくありません。

 

その結果、色素沈着が起こってしまうのです。

 

赤みが定着してしまったり、黒ずみになってしまう、といったことも少なくありません。

 

ひどくなるとニキビの原因になることもあるので、毛抜きによる処理はやめてください。

 

脱毛エステを利用すれば、毛穴に負担をかけることなく綺麗に脱毛ができますよ。