日焼けしていると脱毛ができない?どうしてダメか理由を教えて

日焼けしていると脱毛ができない?どうしてダメか理由を教えて

脱毛に関しては注意しなければいけないことがいくつかあります。

 

その中でも特に注意しなければならないものの一つに日焼けがあるのです。

 

実は日焼けをしていると脱毛エステが受けられません。

 

こちらでは日焼けと脱毛エステの関係性について徹底解説します。

 

 

■なぜ日焼けをしていると脱毛エステを受けられないのか?

 

・光脱毛の光が日焼けに反応をしてしまう

 

光脱毛は毛根に対して光を当ててダメージを与える、といった脱毛方法を採用しているのです。

 

なぜ光が毛根に影響を与えられるのかといえば、黒いもの、いわゆるメラニン色素に反応するものだからです。

 

考えて欲しいのが日焼けは何なのか、といったことです。

 

日焼けのメカニズムは紫外線によって活発化したメラノサイトといった細胞によってメラニン色素が生み出されるからです。

 

そしてメラニン色素がお肌に色を付けてしまいます。

 

日焼けをしているお肌は、光脱毛の光の影響を受ける状態となっているわけです。

 

その結果、お肌全体に光の影響がもたらされてしまいます。

 

皮膚が傷ついてしまう原因となってしまうので、脱毛エステと日焼けは相性が悪いのです。

 

 

・日焼けをしていると店舗側から断られてしまうのは本当か?

 

本当です。

 

契約するときの規約などを確認してみると、日焼けについての記述もされているはずです。

 

カウンセリング時にも説明されています。

 

日焼けに関してはいつしてしまうか分かりません。

 

夏以外の季節でも日焼けをしてしまうリスクがあるので、脱毛エステに通っている期間は、日焼け対策を継続して行うべきです。

 

 

 

■重度の日焼けでなければ脱毛エステが利用できると聞いたんだけど?

 

・SSC脱毛
・ハイパースキン脱毛

 

上記のタイプの脱毛方法であれば、多少の日焼けでも脱毛の施術は受けられます。

 

光脱毛とは少し違った方法で脱毛の施術を行っているのです。

 

ですから、多少の日焼けであれば対応してもらえます。

 

しかし、重度の日焼けをしてしまえば、どんな脱毛エステでも利用できなくなる可能性があります。

 

 

■日焼け直後に注意すべき

 

・お肌がやけどを負っているのと一緒である

 

日焼けというものは何なのでしょうか。

 

実は、やけどを負っているのと同じ状況です。

 

紫外線は熱を持っています。

 

お肌を温めてしまうので、結果的にお肌が熱を持っているような状態です。

 

仮に軽度のやけどであったとしても日焼け直後はお肌が荒れています。

 

脱毛を断られてしまう可能性があるので注意してください。